Thursday, January 28, 2016

CAT QUEST日常編 vol3









AM:8:00.GOOD.DAYS 猫と自然と21世紀


CATQUEST<日常編>

PAL

ラッキーだけに冒険はさせないニャ!

PAL出発しますニャ




PAL

やっぱり寒いニャ~!毛皮あるモン!

その時

パルの頭上に

青天の天空から心地よい鳴き声と共に鳥が現れた



小型鳥類は学式名称不明!

こ、こいつは…既確認生物発見!

とりあえず極楽小鳥<仮称>命名!

心地よい鳴き声と共にパルに問いかけている

鳥類のさえずり声は非常に心地よく感じる

PAL<…美味しそうな鳥ニャッ>



パル~鳥を食べては駄目だけどね!

<やっぱり猫は鳥を食糧として見ているのか…>

小鳥は地球上で常に鳶やカラス等の中型鳥類から補食される事を回避しなければならない彼等には一瞬の油断すらないが

時には大勢の味方の見張り役の中で自然のハーモニーを演奏してくれる

彼等小型鳥類は可愛げに木ノ実を食べたり

農作物にとっての害虫である 芋虫や昆虫を餌としている

人間にとっては彼等は農作物の害虫を食べる益虫

更には彼等は排出するフンによって 未消化の植物の種子を放出する種蒔きをしているらしい

補食行動は私が苦手な弱肉強食の原理でもあるのだが
<人間もしてますね…同種には禁止だが>

人間の世界ではないしエグめのシーンは見えないから良いか?

青空の大空では雨降る時も日輪の輝く日も日夜非常な自然生物のドラマが存在している

PALは小鳥が争うべきではない事を悟り テレパシーで挨拶を交わした後

自宅に帰還した

PS:

試しに米粒を庭先に蒔けば彼等は食べに来るよ

<鳥類保護法があるから捕獲は禁止だったと思う 怪我した鳥を保護をしたら鳥獣センターへ行けば良いらしい>

PAL 「またニャ皆様」












No comments: